ロングブーツのにおいも消せる!人気の消臭インソール、菌ピタ君

ロングブーツを履いている時、急に靴を脱がないといけなくなった時、すぐ脱げますか?逃げますか?

 

出続けるにおいに対処出来るのは消臭インソールしかありません。既に使っている人で「そうかな~」と思った人は良い物に出合えてないからです。それは友達や知人から直接耳に入ってこないからです。使ってみて効果があってもコンプレックスの隠したい部分がバレるから人には言わないです。化粧品とは違うのでススメたりはしませんし、勧められた方はどう思うでしょう。

 

 

自分の足のにおいを感じるのは非常に難しいのです。これは誰もが持っている性質で、鼻は非常に疲れやすく、環境に順応し、においに慣れます。特に長年連れ添った自分のにおいは感じなくなっているのです。自分ではそれほどではないと思っても周りの人は無言で臭いと感じてます。特に身内の人はこのことを認識しておかなければいけません。

 

 

 

ブーツ、ヒールとストッキングには消臭インソール菌ピタ君が一番な理由

 

出かける前から足のにおいを消す努力をしても、靴を脱いだ時に臭かったら意味がありません。どんな時でも焦らないようにするためには、持続的ににおいを消してくれる物でないといけません。においがどのように出て、消えるのか?を知ると必ず消臭インソール菌ピタ君になるはずです。

 

においの原因は細菌です。細菌は私達の体にもいるし、生活圏にいる普通の菌で、これが繁殖するにしたがってにおいも強くなっていきます。細菌は皮脂、角質を分解しながらにおいを発します。また角質や汗などを食べた細菌の排泄物や食べ残しなどが化学変化してにおいを発することともいえます。そして繁殖するには必ず水分が必要です。

 

細菌は足裏でも繁殖しますが時間が掛かり、臭いと感じることはあまりないでしょう。臭いと感じるには繁殖スピードが必要で、サンダルでも臭くなるように、一定の環境下で一気にスピードアップします。それは皮膚が密着すると水分が留まる所、すなわち靴底が一番繁殖します。

 

 

 

靴の中で発生したにおいは足に染み込んでいきます。足を覆うような形になればなる程、逃げ場がなくなりにおいは皮膚の中へと浸透していきます。ロングブーツを履いた後、洗ってもなかなか取れないひつこいにおいはこのためです。出かける前にいくら足のケアをしても、それは臭くならないように時間を遅らせているだけです。どのくらい遅れたのか確認出来ないのが足のにおい。いつでも脱げる状態ではないと焦って何も出来ません。

 

 

におう場所、すなわち繁殖する場所が皮膚と密着する靴底なら、間に消臭インソールを入れてあげればいいのです。皮膚直下の消臭インソールでにおいを発生させて、そのまま吸収させてしまえば足に移るにおいも抑えられます。これらのことをイメージ出来れば、足や靴のにおい対策に消臭インソールは絶対必要なのです。それもショボイ物ではなく、汗や皮脂もしっかり吸収してくれるものでないといけません。

 

 

 


菌ピタ君ってどう?レビューと使い方と効果を持続させるための注意点

 

菌ピタ君の優れているのは、他の消臭インソールとは比べ物にならないぐらい消臭する力が凄い所にあります。一番分かり易い比べ方は、既に臭くなってしまったロングブーツに1日2日入れておくとにおいが無くなっています。これにはホントビックリします。どのタイプの靴でも洗わなくてにおいが取れてしまいます。

 

一回菌ピタ君でにおいを取ってしまえば、もう靴のにおいはしません。消臭する持続力も優れているため足のにおいがかなり抑えられ、いつでも靴が脱げる状態になっています。もちろんロングブーツを1日履けばまったく足のにおいがしないと言ってしまうと嘘になりますので、そこまで大げさに言わなくても十分過ぎるほどの効果はあります。直接嗅げばにおいはしますが、今までのことを考えると、全然許せる範囲までにおいは抑えられます。

 

 

 

1日履いた次の日、ロングブーツのにおいを嗅いでも臭くありません。ロングブーツを1日履いてここまでにおいを抑えられますので、パンプスや革靴ならその効果をより感じられます。菌ピタ君を入れておけばストッキング&パンプス、ヒールでのにおいの悩みも解消出来ます。菌ピタ君を敷くだけで、前もって重曹やミョウバンのような役に立たないことをするかしないか考えなくて済みます。

 

 

菌ピタ君はサイズが19.5cn~30cmまでありますので、子供から大人まで男女兼用で使えます。厚さも4~5mmぐらいあり作りがかなりしっかりしていますので、靴の中で歪んだり前の方に折れ曲がったりしません。動き回る学校の上履きにも全然OKで、スポーツの部活やクラブでも十分に耐えられます。

 

足裏にあたる部分はメッシュになっており、2mm位メッシュ自体が隆起しており立体感があります。足に多く汗をかいても靴の中の肌触りは非常によく、ヌメヌメしなくてとても感触はいいです。見た目はかなり高級感があります。

 

全体的に高そうな感じはするのですが、表面の色がカッコ悪いのが残念。においを一番消してくれるので使っていますが、色だけみるとオヤジ臭いのでデザイン的になかなか選びづらいのは本音です。メーカーには今後色のバリエーションを作ってもらえるのに期待したいところです。

 

 

 

 

消臭中敷きの使い方。効果を持続させるための注意点

消臭中敷きは、物理的ににおい物質を吸着します。吸着には限度がありますので、においを放出してあげる必要があります。表面と裏を濡らしたタオルで汚れを拭いた後に天日干しして下さい。日光にあてることにより、においが放出されるので消臭力が元に戻ります。においは放出されますが、汗の成分と皮脂などの汚れは残ったままですので拭きとってあげましょう。

 

天日干しをしないと、靴の方はそれほどにおいはしませんが足は臭くなってきます。靴の中でにおいを吸収しきれないものが足のにおいとなってきますので、においのきつい人は日に8時間を目安にして2、3回履いたら交換して下さい。足のにおいは気を付けないと前日までは大丈夫でも、その日一気に爆発してしまいますので必ず交換しておきましょう。

 

私は4枚~5枚をローテーションで使っており、ブーツを1日履いた後は次の日に交換、天日干しします。パンプスやヒールの時はだいたい3回をめどに行います。

 

 

 

 

交換期間を考えるとかなり経済的でお得です
1枚をずっと使うのではなく最低でも2枚以上を使うようにして、梅雨の時期は日光が差さないので多めに持っておいた方がいいと思います。メーカーでは1枚で3~6ヶ月もつともありますが、私が使っている感じでは3ヶ月が目安と感じます。

 

もちろん個人の使い方や頻度にもよりますが、天日干しをしても足が臭くなるのが早くなってきますので、6ヶ月は少し大げさかなと思います。3ヶ月ももてば十分過ぎるほどの価値はあります。

 

 

表も裏もしっかり丁寧な作りになっており他の中敷きより長持ちしてしまいますので、折れたり切れたり見た目に変化が無い分、消臭効果の良し悪しがいまいち判断つきづらいため、期間を区切って新しいものに交換した方がいいです。

 

値段的にも安いものを何枚も使い捨てるよりも、1枚で1ヶ月でも使えるなら安いです。まして3ヶ月も使えるならかなりお得です。においでイメージを損しないために使っておきたい中敷きです。

 

 

菌ピタ君専門店 メーカー直販です。直販のキャンペーンがあります。

 

 

トップページ